1. ホーム
  2.  > 種(チンゲンサイ)
  3.  > チンゲン菜花【三十路菜】

チンゲン菜花【三十路菜】

●トウ立ちした花茎を食べる「チンゲン菜花」

昔から生産者の間では、「チンゲンサイのトウ(花茎)は、おいしい」と知られていましたが...

市場に出回ることはほとんどなく、食べることができるのは、生産者だけの特権でした。

チンゲンサイのトウは、普通の菜花ほど苦みもないので、甘さが引き立ち、とてもおいしいです。

おひたし、胡麻和え、炒め物など、いろいろな料理に合います。

「三十路菜」は、トウの食味の良さを追求した品種です。

さらに普通の品種よりも、トウ立ちが早く、たくさん収穫することができます。

最初のトウが最も立派ですが、これを収穫することで、側枝を10〜15本ほど収穫できます。

ちなみに「三十路菜」は、三十路=30歳でトウが立つという意味で育成元が命名したようですが...

自分も30歳を越したので、これから味が出てくるように頑張っていきたいと思います。(余談)

●種まき時期
一般平暖地:9月下旬〜1月中旬
(晩秋〜冬はトンネルを利用してください)
※詳しくは画像をご覧ください。各地方により栽培適期は異なります。

●種まき方法
幅60cmの畝に条間30cmで条まきして、厚さ0.5cmほどに覆土します。
草丈が10cmくらいになった頃に、株間20〜30cmの間隔になるように間引きします。

販売価格 378円(内税)〜1,188円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
 
小袋:3mL
10mL

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)