1. ホーム
  2.  > 種(ゴーヤ/ニガウリ)
  3.  > 白ゴーヤ【沖縄純白ゴーヤー】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > 白ゴーヤ【沖縄純白ゴーヤー】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > 白ゴーヤ【沖縄純白ゴーヤー】〔固定種〕 ※無消毒

白ゴーヤ【沖縄純白ゴーヤー】〔固定種〕 ※無消毒

●めずらしい白色のゴーヤ!苦みが少ないので、お子さまでも食べやすい!

苦みが少ないので、生のままでも食べることができます。

肉厚の食感と、さっぱりとした苦みが、料理のアクセントになります。

白色のゴーヤとは言っても、いろいろな品種がありますが、「沖縄純白ゴーヤー」は、名前の通り、特に白さに優れている品種になります。

とても綺麗な "純白" なので、直売所でも目立ちます。

長さ25〜30cm、直径8〜10cm、重さ400gほどになります。(大きいものだと700g以上になります。)

家庭菜園では、白色が目立つので、とり逃しによる腐りも少ないと好評をいただいています。

しかし、白色の品種全般に言えるのですが、緑色と比べて草勢が弱いので、肥料をしっかりと与えてください。

●種まき時期
中間地:4月上旬〜6月上旬(初春は温床育苗を行ってください。)
※家庭菜園の目安の時期として表記しています。詳しくは「種まき時期と生育適温の目安」をご覧ください。(各地方により栽培適期は異なります。)

●種まき方法
種皮が硬いので、先端を爪切りで少し切って、ぬるま湯に一昼夜浸しておくと、発芽しやすくなります。
ポット育苗の場合、2〜3粒ずつ播き、厚さ1〜2cmほどに覆土します。
本葉3〜4枚ほどになったら、幅60cmの畝に、株間50〜60cmを目安として定植します。

●育てるコツ
本葉7〜8枚で、親づるの先を切って(摘心)、子づるを伸ばしてください。
昆虫の働きが鈍い低温期は、人工授粉が効果的です。花粉が多くでる午前9時頃までに行うと良いです。
土が乾燥しやすい夏は、朝晩2回の水やりを行うと良いです。
収穫時期から追肥を初め、2週間に1回ほど追肥を行っていき、草勢を保つようにします。

販売価格 486円(内税)〜50,220円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
 
小袋:5mL(目安:9〜10粒)
1dL
1L

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)