1. ホーム
  2.  > 種(トマト)
  3.  > 大玉トマト
  4.  > トマト(赤)【ポンテローザ】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > トマト(赤)【ポンテローザ】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > トマト(赤)【ポンテローザ】〔固定種〕 ※無消毒

トマト(赤)【ポンテローザ】〔固定種〕 ※無消毒

●桃色トマトの元祖!歴史ある貴重な固定種!

日本で主流となっている桃色トマトの元祖と言われている、歴史ある固定種です。

ほとんど市場に出回ることのない貴重な品種です。

現在では、トマトと言えば、甘いのが当たり前になってきました。

トマトの青臭さを嫌う方が多かったので、甘くて青臭さがないように、種苗会社が品種改良を行ってきたからです。

そんな中...

この「ポンテローザ」は、明治時代にアメリカから伝わって、今もなお残っている、「昔ながらのトマト」です。

トマトの青臭さ、酸味、甘みがほど良く混ざっています。

生育旺盛で、収穫量も多いのですが、形はお世辞にも良いとは言えず、揃いが悪いです。

箱詰めもしにくくて、流通に不向きなため、甘くて揃いの良い品種が開発されていく中で、淘汰されていきましたが...

「今のトマトは昔と違って、野菜らしさがない」と言われる方もいらっしゃるので、根強い人気に支えられて、今もなくなることなく、種を繋ぐことができています。

しかし、種苗会社の話を聞いていると、昔の品種を残していくのにも採算が合わず、いつまで続けられるか分からないと言われています。

実際に、毎年、固定種が消えていっているのが現状です。

固定種なので、種を採ることもできますので、歴史のある貴重な品種を、協力して残していけたらと思っています。

●種まき時期
中間地:3月上旬〜5月中旬(初春は温床育苗を行ってください。)
※家庭菜園の目安の時期として表記しています。詳しくは「種まき時期と生育適温の目安」をご覧ください。(各地方により栽培適期は異なります。)

●育てるコツ
フザリウム菌に対する抵抗性がありませんので、種まきの時にも定植時にも、清潔な土を使うようにしてください。
雨に強いので、雨よけをする必要はありません。

販売価格 270円(内税)〜4,957円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
 
小袋:2mL(目安:80粒)
20mL
1dL

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)