1. ホーム
  2.  > 種(カリフラワー)
  3.  > カリフラワー【野崎早生】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  葉菜類(葉を食べる)
  2.  > カリフラワー【野崎早生】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  葉菜類(葉を食べる)
  2.  > カリフラワー【野崎早生】〔固定種〕 ※無消毒

カリフラワー【野崎早生】〔固定種〕 ※無消毒

●固定種カリフラワーの定番品種!日本で最も古い歴史を持つ!

大正13年(1924)愛知の野崎採種場が発表したカリフラワーの固定種で、日本で最も古い歴史を持つ品種です。

日本の風土に最も適している、適応性の広い早生種として、全国的に広まりました。

驚くべきなのが、これだけ古い品種にも関わらず、今でも広く作られているところです。

いろいろな野菜を見ても、どんどんと新しい品種が開発され、古い品種は淘汰されて行っています。

トマトの「ポンテローザ」や、ブロッコリーの「ドシコ」などの古い固定種は、ほとんど出回ることなく、今も入手できる貴重な固定種として、何とか種を繋いでいけたら...

と、販売を行っております。

しかし「野崎早生」は、新しい品種がどんどん発売になっている中で、今でも定評があるロングセラーの品種です。

発売から100年近く経つ今でも、これだけ支持されるのは、とてもすごいことだと思います。

特長としては...

作型適応性が広いので、春・夏・秋の三季まきができる。

草勢が強く、耐病性に優れているので、育てやすい。

早どりできる。(夏まきでは定植後75日ぐらいから収穫可能)

重さは600g前後。

ぜひ、100年前の人達が愛した品種を、育ててみられてください。

●種まき時期
中間地:1月下旬・6月下旬〜8月上旬・10月下旬
暖地 :7月上旬〜8月上旬・10月下旬
(初春については温床育苗を行い、定植時はトンネルを利用してください)
※詳しくは画像をご覧ください。各地方により栽培適期は異なります。

●種まき方法
128穴セルトレイでの育苗の場合、1粒ずつ播き、厚さ0.5cmほどに覆土します。
本葉3枚ほどになったら、幅60cmの畝に、株間40〜50cmを目安として定植します。

ポット育苗の場合、3〜4粒ずつ播き、厚さ0.5cmほどに覆土します。
本葉5枚ほどになったら、幅60cmの畝に、株間40〜50cmを目安として定植します。

●育てるコツ
肥料は、有機質を多めにして、元肥主体で初期生育を促進してください。
出蕾後は、品質低下を防ぐため外葉を結束してください。

購入数

売り切れ

 
小袋:1mL

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)