1. ホーム
  2.  > 種(カボチャ)
  3.  > カボチャ【東京南瓜(芳香青皮栗南瓜)】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > カボチャ【東京南瓜(芳香青皮栗南瓜)】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > カボチャ【東京南瓜(芳香青皮栗南瓜)】〔固定種〕 ※無消毒

カボチャ【東京南瓜(芳香青皮栗南瓜)】〔固定種〕 ※無消毒

●西洋カボチャの元祖!歴史ある固定種!

日本で主流となっている西洋カボチャの元祖と言われている、歴史ある固定種です。

この品種が出てくる前は、ねっとりした食感の日本カボチャが主流でしたが...

それまでになかったホクホク食感の「東京南瓜(芳香青皮栗南瓜)」が発売になって以降、どんどんと西洋カボチャのシェアが拡大していきました。

現在では、流通しているカボチャのほとんどは、西洋カボチャになっています。

当店では、日本カボチャとしては、「神田小菊」を販売しております。

粘質で、ねっとりとしている「神田小菊」と比べると、「東京南瓜(芳香青皮栗南瓜)」は、甘くてホクホクしています。

煮物や天ぷらに合うと思います。

ただ...

現在、主流となっている「えびす」や「くりゆたか」などの交配種(F1種)と比べると、ホクホク食感は弱めだと思います。

ちなみに、「えびす」や「くりゆたか」は "黒皮" ですが、この「東京南瓜(芳香青皮栗南瓜)」は、やや灰色っぽい薄めの緑色をしている "青皮" に分類されます。

重さは、やや小さめの1〜1.5kgほどになります。

収穫までの期間が、他の品種よりも早く、開花後30日ほどで収穫できます。(普通の品種は45〜50日ほどです。)

●種まき時期
中間地:3月下旬〜4月中旬(初春は温床育苗を行ってください。)
※家庭菜園の目安の時期として表記しています。詳しくは「種まき時期と生育適温の目安」をご覧ください。(各地方により栽培適期は異なります。)

●種まき方法
幅200〜250cmの畝に、株間75cmを目安として、1か所に種を2〜3粒ずつ点まきして、厚さ1cmほどに覆土します。
間引きは本葉が2〜3枚ごろまでに行い、1本立ちにします。

9cmポット育苗の場合、2〜3粒ずつ播き、厚さ1cmほどに覆土します。
本葉3枚ほどになったら、幅200〜250cmの畝に、株間75cmを目安として定植します。

販売価格 324円(内税)〜10,800円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
 
小袋:15mL(目安:25粒)
1dL
1L

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)