1. ホーム
  2.  > 種(カブ)
  3.  > 赤カブ【あやめ雪】

赤カブ【あやめ雪】

●見た目で目を惹く!おいしい小カブ!

商品名には「赤カブ」と分類しましたが、正確には上部が紫色で、下部が白色のグラデーションが綺麗な小カブになります。

育種元の話によると...

「せっかく食味に優れた新品種を開発しても、見た目で区別がつかないと、その良さを消費者へ伝えにくい。店頭で消費者が一目で見分けることができるように、見た目でも差別化を図った『あやめ雪』を開発した。」とのことでした。

つまり...

見た目に意識が行きがちですが、この品種の1番のウリは「おいしい」というところです。

甘くて、やわらかいので、生でもおいしいです。サラダや酢漬けにお薦めです。

育種元の思惑通り、その「見た目」と「おいしさ」が話題となり、有名な品種となりました。


当店でお薦めしている赤カブの品種としては...

全面が鮮やかな赤色で、独特の風味の「あかくらカブ」や...

最近では「もものすけ」など、とてもやわらかくて、おいしい品種も出てきましたが...

「あやめ雪」の紫色と白色のグラデーションは、また違った料理の利用ができるので、発売から10年以上経った現在でも、人気は健在です。

ちなみに個人的には...

おいしさで選ぶなら、白カブだと「はくれい」、赤カブだと「もものすけ」を、お薦めしています。

同じような紫色と色白のグラデーションのある品種としては、長崎の伝統品種の「長崎赤カブ」があります。

長崎赤カブ」は、当店がある長崎県で古くから伝わってきた固定種です。

やはり交配種(F1)である「あやめ雪」の方が、やわらかさや、揃いの良さ、ス入りの遅さなど、優れていると思いますが...

長崎赤カブ」も、固定種で種とりができることや、硬めで独特の風味もあること、そして見た目のグラデーションの綺麗さにおいては、「あやめ雪」と勝るとも劣りません。

長崎県民としては、長崎の伝統品種を残していきたいという思いもありますので、ぜひそちらもご覧くださいませ。

もう1つ「あやめ雪」の特長としては、種まき時期の幅が広いことです。

「長崎赤カブ」と違って、春まきもできるので、春にまく際は「あやめ雪」をお選びください。

春・秋まきで50日、冬まきで100日前後が収穫の目安です。

根径5〜6cm前後が収穫適期ですが...

早い段階で形がまとまるので、直径2cmほどのミニサイズでも収穫でき、そのままサラダなどに使えます。

●種まき時期
高冷地・冷涼地:3月中旬〜9月上旬
温暖地:1月下旬〜6月上旬・7月下旬〜10月上旬
暖地 :1月上旬〜5月中旬・8月中旬〜10月上旬
(初春についてはトンネルを利用してください)
※詳しくは画像をご覧ください。各地方により栽培適期は異なります。

●種まき方法
幅60cmの畝に、株間15cmを目安として、1か所に種を3〜4粒ずつ点まきして、厚さ0.5〜1cmほどに覆土します。
発芽するまでは、土が乾かないように水やりをします。
間引きは本葉が6〜7枚ごろまでに行い、1本立ちにします。

販売価格 432円(内税)〜950円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
 
小袋:3mL
10mL

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)