1. ホーム
  2.  > 種(ブロッコリー)
  3.  > ブロッコリーの種【しき緑96号】〔F1〕
  1. ホーム  >  頂花蕾専用
  2.  > ブロッコリーの種【しき緑96号】〔F1〕

ブロッコリーの種【しき緑96号】〔F1〕

●おいしさのレベルが違う!糖度12度を超えることも!

「ブロッコリーなんてどれも味は同じ」と思われていませんか?

正直な話、この「しき緑96号」を食べるまで、ブロッコリーの味の違いを感じたことはなかったのですが、初めて「これはおいしい!」と違いを感じました。

それだけ「しき緑96号」は、食べて「おいしい」と違いが分かる品種です。

茎までやわらかで、育てる方法にもよりますが、厳寒期には糖度12度を超えることもあります。

アントシアンフリーなので花蕾が紫がかからず、色・形ともに素晴らしい品質です。

ただし「作りやすさ」については、根張りも弱く、病気にも弱いので、上級者向けで難しいです。

そして、側枝花蕾はできず、頂花蕾のみを収穫する品種になります。

育てるコツは下に記述してありますので、よく読まれてみてください。

他の品種とは一味違う「おいしさ」を体験したい方は、ぜひ挑戦してみられてください。

●種まき時期
冷涼地・高冷地:5月上旬〜7月上旬
中間地:8月上旬〜8月中旬
暖地 :8月上旬〜9月中旬
※詳しくは画像をご覧ください。各地方により栽培適期は異なります。

●種まき方法
128穴セルトレイでの育苗の場合、1粒ずつ播き、厚さ0.5cmほどに覆土します。
本葉3枚ほどになったら、幅60cmの畝に、株間40〜50cmを目安として定植します。

ポット育苗の場合、3〜4粒ずつ播き、厚さ0.5cmほどに覆土します。
本葉5枚ほどになったら、幅60cmの畝に、株間40〜50cmを目安として定植します。

●育てるコツ
元肥を主体にするなら有機質肥料を利用し、元肥を控えめにするのであれば、追肥を主体にしてください。
肥料を吸収する力が強い品種です。肥料切れしてはいけないのですが、肥料過多になると病気やホウ素不足の原因になるので、どちらかというと肥料は少なめにした方が良いです。
湿害に弱いので、秋の長雨の時期は、中耕などをして、できるだけ根に空気を送ってください。

販売価格 440円(内税)〜17,325円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
小袋:1mL
2500粒
【コート種子】5000粒

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)