1. ホーム
  2.  > 種(チコリー)
  3.  > チコリーの種【トレヴィーゾ2(タルディーボ)】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  葉菜類〔固定種〕  >  チコリー〔固定種〕
  2.  > チコリーの種【トレヴィーゾ2(タルディーボ)】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  葉菜類〔無消毒種子〕  >  チコリー〔無消毒種子〕
  2.  > チコリーの種【トレヴィーゾ2(タルディーボ)】〔固定種〕 ※無消毒

チコリーの種【トレヴィーゾ2(タルディーボ)】〔固定種〕 ※無消毒

※海外からの輸入種子につき、家庭菜園でのお楽しみ商品としてご利用くださいませ。結果不良の補償はできかねますので、ご確認の上、ご購入をお願いいたします。

●独特の形!育てるのに手間がかかる高級食材!

ヨーロッパの地中海沿岸で古くから親しまれているチコリー(別名:ラディッキオ・ロッソ/トレビス)です。

トレヴィーゾ〜バドヴァ〜ベニス地域特有の、細長葉の先がカールした面白い形の品種です。

トレヴィーゾ地域の品種としては、「プレコーチェ(早生)」と「タルディーボ(晩生)」があります。

かっこよく聞こえますが...

実は日本語では、ただの「早生」と「晩生」という意味です。

この「トレヴィーゾ2」は、タルディーボ(晩生種)になるのですが...

「プレコーチェ」の何倍もの価格になり、イタリアでは高級食材として知られています。

というのも、この独特の形は、畑で自然と生えてくる訳ではなく...

ある程度 大きくなったら、根ごと引き抜き、水を溜めたコンテナに詰めて、数週間待ち...

そうすると、外側の葉が段々と枯れていき、芯の部分が伸びてきます。

それが、この独特の形の正体です。

これだけ手間がかかるので、この品種は、初心者の方にはあまりお薦めできません。

ただ逆に、うまく収穫できた時の喜びは大きいと思いますので、普通の品種では満足できないという方は、ぜひ挑戦されてください。

苦みがありますが、アクセントとして、生でサラダにしたり、オリーブオイルを塗って、グリルしたりと、いろいろな食べ方ができます。

●種まき時期
一般地:8月〜10月(収穫:12月〜1月)

●種まき方法
ポット育苗の場合、2粒ずつ播き、厚さ0.5〜1cmほどに覆土します。
本葉3〜5枚ほどになったら、幅40cmの畝に、株間30〜50cmを目安として定植します。

販売価格 330円(内税)〜330円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
小袋:0.5mL(目安:170〜200粒)

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)