1. ホーム
  2.  > 種(ニンジン)
  3.  > ニンジン【本紅金時】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  根菜類(根を食べる)
  2.  > ニンジン【本紅金時】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  根菜類(根を食べる
  2.  > ニンジン【本紅金時】〔固定種〕 ※無消毒

ニンジン【本紅金時】〔固定種〕 ※無消毒

●深みあるニンジンの味わい!あまり出回らない東洋種!(香川の伝統野菜)

現在では、ほとんど出回ることのない東洋種ですが...

この「本紅金時」は、香川の伝統野菜として残っており、関西では正月のお節料理などに利用されています。

現在、ニンジンと言えば西洋種。

西洋種は、根が太く、カロテンが含まれて橙色。一般的に出回っているニンジンのほとんどは、東洋種よりクセがなく、育てやすい西洋種になります。

そんな中、この「本紅金時」は、名前のとおり紅色で、細長い形状をした東洋種になります。

この紅色の主成分はリコピンになるので、同じニンジンですが、カロテンを含む橙色の西洋種とは、まったく成分が違うということになります。

東洋種である「本紅金時」は、深みあるニンジンの味わいがします。

生食には向いていませんが、加熱するとグッと甘みが増すので、煮物や豚汁などに向いています。

煮崩れしにくく、香りが良く、甘みがあって、とてもおいしいです。

東洋種があまり生産されないのは、作りにくさが原因だと思います。

もともとニンジンは、種まきから収穫までの期間が長いのですが、東洋種は特に長く...

それに加えて、根が長いため割れやすく、途中で石などの硬いものがあると二股になったりするので、営利生産ではリスクが高いのだと思います。

しかし、この深みあるニンジンの味わいは、東洋種ならでは。

割れたとしても、家庭菜園では問題はありませんので、普段食べる機会が少ない「本紅金時」も、ぜひ作っていただけたらと思います。

ちなみに...

「本紅金時」に興味はあるけど、育てられるか配という方には、タキイ種苗が開発した「京くれない」という品種を、お薦めします。

この「京くれない」は、西洋種と東洋種の特性を併せ持っている、まったく新しいタイプの交配種(F1種)になります。

リコピンとカロテンの両方をバランスよく含んでおり、「本紅金時」と比べて作りやすく、幅広い地域で育てることができます。

食味も良く、柿のような甘さを感じておいしいので、そちらもご覧いただけたらと思います。

●種まき時期
平暖地:5月中旬〜8月下旬
※冷涼地の栽培には適しておりません。
※詳しくは画像をご覧ください。各地方により栽培適期は異なります。

〔有効期限更新分の入荷目安〕毎年6月下旬ごろ
※年によって違いますので、詳しくはお問い合わせくださいませ。

●種まき方法
幅60cmの畝に、条間20cm、2〜3条に条まきして、厚さ0.5〜1cmほどに覆土します。
手のひらで土を軽く押さえて、鎮圧します。発芽するまでは、土が乾かないように水やりをします。適湿を保つために、もみ殻や藁を薄くかけると良いです。
本葉が5〜6枚ごろまでに株間15cm程度になるように間引きします。

購入数

売り切れ

 
小袋:8mL
1dL

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)