1. ホーム
  2.  > 種(トマト)
  3.  > ミニトマトの種【アイコ】〔F1〕
  1. ホーム  >  ミニ
  2.  > ミニトマトの種【アイコ】〔F1〕

ミニトマトの種【アイコ】〔F1〕

●ロングセラーのミニ品種!

2004年に発売されて以来、今でも人気のあるミニトマトです。

トマトについては、いろいろな品種や農法で、こだわった商品が販売されており、野菜の中でも最も競争が激しいと言えます。

そんな中、発売から10年以上たっても愛され続けているのは、とてもすごいことだと思います。

赤色のミニトマトの品種で、個人的に最もお薦めなのは「まゆか」なのですが、「アイコ」は全く特徴が違うので、こちらもご紹介させていただきます。

まゆか」は糖度が高いとともに、ほとんど口の中に残らないという「薄皮」が特長になりますが...

「アイコ」の皮は厚いです。

なので皮が口に残るのが嫌いな方は、ぜひ「まゆか」を試していただきたいです。

トマトは育て方によって、糖度や皮の硬さが変わりはするのですが、うまく育って食べた時の「まゆか」の皮の薄さは感動ものです。

ただし、皮が硬めの「アイコ」も、それゆえに良いことがあります。

「割れにくい」ことと「日持ちする」ことです。

これは家庭菜園でも、営利生産でも重要なポイントになると思います。

そして食味については...

最近の高糖度トマトには負けますが、しっかりとした甘さを持ち、硬めで肉厚の食感です。

果肉のゼリー分が少なく、果汁が飛び散りにくくて食べやすいことも、人気の理由だと思います。

うまみ成分であるグルタミン酸の含量も高いので、加熱調理などにも向いています。

海外では高級フルーツとして位置づけられていたプラム型トマトですが、それを日本で広めるきっかけになったのが、この「アイコ」と言えます。

まゆか」が今のトップアイドルと例えるなら、「アイコ」は昔の伝説的アイドルという感じでしょうか。

ぜひ、どちらも応援してあげてください。

そして「アイコ」を気に入っていただけたなら、黄色タイプとして「イエローアイコ」もありますので、そちらもご覧くださいませ。

●種まき時期
中間地:3月上旬〜5月中旬(初春は温床育苗を行ってください。)
※家庭菜園の目安の時期として表記しています。詳しくは「種まき時期と生育適温の目安」をご覧ください。(各地方により栽培適期は異なります。)

●品種の特徴
萎凋病(F:R-1・2)、TMV(Tm-2a型)、葉かび病、斑点病に抵抗性があります。

販売価格 550円(内税)〜23,210円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
小袋:17粒
【PRIMAX種子】1000粒

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)