1. ホーム
  2.  > 種(トマト)
  3.  > トマトの種【ホーム桃太郎】〔F1〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > トマトの種【ホーム桃太郎】〔F1〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  大玉
  2.  > トマトの種【ホーム桃太郎】〔F1〕 ※無消毒

トマトの種【ホーム桃太郎】〔F1〕 ※無消毒

●定番!日本で一番有名な品種!

「桃太郎」と言えば、日本で一番有名な品種です。

歴史をさかのぼると...

1960年代は、「青い段階で収穫して、輸送中に赤くなる」ことが普通でしたが、その方法だと甘くておいしいトマトにはなりませんでした。

そこで、タキイ種苗が「完熟してから出荷しても傷まないトマトを作る」ことを目標に開発しました。

1960年代後半から開発に取り組み、発売になったのは1985年。

開発から長い月日をかけて、当時では最高の「完熟トマト」が完成し、現在、最も知られている品種となりました。

そこから「桃太郎」というブランド価値が定着し、現在では「桃太郎」と名前が付く品種が20種類ほど販売されています。(2019年現在)

その中で、家庭菜園に向いている品種として、この「ホーム桃太郎」が販売されています。

もともとの「桃太郎」は育てるのに技術を要する品種だったので、家庭菜園では難しいと言われていましたが、この「ホーム桃太郎」の登場によって、家庭菜園でも一気に広まっていきました。

着果性があり、病気にも強く、作りやすい品種です。

青枯病については「瑞栄」の方が勝りますが、「ホーム桃太郎」も比較的に強いので、接木なしでも育てやすいです。

食味については「瑞栄」より甘く、酸味が少ないので、「桃太郎」のおいしさを受け継いでいると感じます。

最近は、高糖度トマトとして、いろいろな品種が出ているので、「桃太郎」が「ずば抜けておいしい」というご紹介はしませんが、ある程度の「おいしさ」と「育てやすさ」を兼ね備えた入門向きの品種だと思います。

基本的に全国に広まっている品種なので、悪く言えば普通です。

「ホーム桃太郎」は、重さ200〜210gほどの大玉品種ですが...

小ぶりの中王玉(100gほど)の品種でもよろしければ、おいしさで選ぶ品種として「セレブスイートトマト」を、お薦めしています。

そちらもぜひご覧くださいませ。

●種まき時期
中間地:3月上旬〜5月中旬(初春は温床育苗を行ってください。)
※家庭菜園の目安の時期として表記しています。詳しくは「種まき時期と生育適温の目安」をご覧ください。(各地方により栽培適期は異なります。)

●品種の特徴
トマトモザイクウイルス(Tm-2a型)、萎凋病レース1(F1)、半身萎凋病(V)、サツマイモネコブ線虫(N)に複合耐病虫性があります。青枯病(B)にも比較的強いです。

販売価格 468円(内税)〜7,480円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
小袋:30粒
50粒
1000粒

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)