1. ホーム
  2.  > 種(ナス)
  3.  > ナスの種【賀茂なす】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > ナスの種【賀茂なす】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > ナスの種【賀茂なす】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  丸ナス・米ナス
  2.  > ナスの種【賀茂なす】〔固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  固定種
  2.  > ナスの種【賀茂なす】〔固定種〕 ※無消毒

ナスの種【賀茂なす】〔固定種〕 ※無消毒

●田楽は絶品!高級な京都の伝統野菜!

「賀茂なす」と言えば、高級な京都の伝統野菜として知られています。

ナスの田楽は絶品です。

同じように美しい「イタリアナス」も、肉質は緻密で、油との相性が良いと言われますが...

明らかに違うところがあります。

それは...

油を吸収するか、吸収しないかです。

「賀茂なす」は、普通のナスと比べても、油の吸収が少なく、あっさりと仕上がります。

確かに、どちらも油との相性は良いです。

しかし...

「イタリアナス」は、油を吸収することで、バターのような濃厚な味わいになるのに対して...

「賀茂なす」は、油を吸収しないことで、ナスの甘みが凝縮されて、おいしくなるという違いがあります。

食感も、「イタリアナス」が、トロットロでおいしいのに比べ...

「賀茂なす」は、歯ごたえもあり、しっかりした食感になります。

有名なのは、田楽ですが、揚げ浸しや煮物、丸焼きなどの焼き物などの他、しば漬などにも利用されます。

重さは250〜400gほど。

生育終盤は、種が出てきますので、7月くらいまでが、おいしいかと思います。

「賀茂なす」は繊細で、風で葉が果実に触れるだけで、傷が入ってしまいます。

美しい「賀茂なす」を収穫するのはとても難しく、それもあって高級なのですが...

ぜひ、挑戦されてみてはいかがでしょうか?

育てるコツは下記に記載しております。

●種まき時期
中間地:2月中旬〜5月中旬(初春は温床育苗を行ってください。)
※家庭菜園の目安の時期として表記しています。詳しくは「種まき時期と生育適温の目安」をご覧ください。(各地方により栽培適期は異なります。)

●育てるコツ
大きくなり過ぎると、色ツヤがなく、くすんだようになります。
また、日当たりが悪いと、果色が赤紫色になりやすいので、枝をやや開き気味に誘引して、日当たりを良くしたり、樹の負担を軽くするため着果量を制限します。
水分と肥料を切らさないように管理してください。

販売価格 330円(内税)〜330円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
小袋:1mL

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)