1. ホーム
  2.  > 種(スイカ)
  3.  > 小玉スイカの種【ピノ・ガール】〔F1〕
  1. ホーム  >  小玉
  2.  > 小玉スイカの種【ピノ・ガール】〔F1〕
  1. ホーム  >  赤肉
  2.  > 小玉スイカの種【ピノ・ガール】〔F1〕

小玉スイカの種【ピノ・ガール】〔F1〕

●食べても種が気にならない!画期的な品種「ピノ・ガール」



この写真... あまり種がないと思いませんか...!?

スイカを食べるのを、敬遠されてしまう1番の理由は...

食感を邪魔する "種" だそうです。

しかし...

この「ピノ・ガール」は、その "種" の大きさが、普通のスイカの4分の1...!!

画期的な「マイクロシード」の品種になります。

実は、これまでも種なしの品種はありました。

しかし...

「おいしさが落ちる」「発芽が悪い」「育てにくい」などの理由で普及しませんでした。

そこで...

「種はできるけど、気にならない品種を作ろう!」と、視点を変え...

16年の開発期間を経て、販売されたという待望の品種。

それが、この「ピノ・ガール」。



写真で見ると、4分の1とは言え、種は入っているので、どんな食感かと思いましたが...

謳い文句の通り、ほとんど種の存在を気にせず、食べることができました。

歯に当たることはありますが、嫌な苦味もなく、やわらかいので、ほとんど気になりません。

展示会での試食調査では、747名のうちの94%の方から「種を気にせず食べることができた」と、ご回答を頂いたようです。(2018年 野菜・果物ワールド展示会で実施)

種なしの「おいしさが落ちる」という問題点についても改善され...

糖度は13度と甘く、特にシャリ感は、一般的な小玉スイカに勝るとも劣りません。

シャリ感については、入門種として お薦めの「愛娘」よりも優れています。

重さは1.6〜2.2kg。

一般的な小玉品種は2.5kgほどなので、ひと回り小さいです。

「育てやすさ」も、これまでの「種なしスイカ」と比べると、改善されておりますので、家庭菜園でも お薦めできます。

ただ初心者の方でしたら、やはり「愛娘」の方が、育てやすいとは思います。

●接木について(スイカ全般)
連作可能で、病気への抵抗性がある「接木」が推奨されています。
接木より、実生(接ぎ木をしない)の方が、食味はおいしいと言われたりもしますが…
実生の場合は、病気に弱かったり、連作できないので、5年ほど畑を休ませなければいけません。

●種まき時期
中間地:3月中旬〜4月下旬(初春は温床育苗を行ってください。)
※家庭菜園の目安の時期として表記しています。詳しくは「種まき時期と生育適温の目安」をご覧ください。(各地方により栽培適期は異なります。)

●種まき方法
幅250〜300cmの畝に、株間100cmを目安として、直径40〜50cm、高さ15cmの鞍つきを作り、1か所に種を1〜2粒ずつ点まきして、厚さ1〜2cmほどに覆土します。

●育てるコツ
着果性も良く、着果後の草勢も落ちにくいので、整枝栽培の場合、通常であれば1本作る遊び蔓を作る必要はありません。3本整枝なら3果、4本整枝なら4果着果させます。(つまり、1株当たり1個ずつ多く収穫できることになります。)

販売価格 550円(内税)〜6,160円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
小袋:5粒
100粒

Recommend Item

自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)