1. ホーム
  2.  > 種(ダイコン)
  3.  > ミニダイコンの種【あごおち大根22】〔F1〕
  1. ホーム  >  春まき
  2.  > ミニダイコンの種【あごおち大根22】〔F1〕
  1. ホーム  >  秋まき
  2.  > ミニダイコンの種【あごおち大根22】〔F1〕

ミニダイコンの種【あごおち大根22】〔F1〕

●待ってました!春まき可能なおいしいダイコン!(根長22cm)

待ってました...!!

この「あごおち22大根」は、秋まきはもちろん...

「春にもまくことができる」&「おいしさ満点」&「ちょうどいいサイズ(根長22cm)」という待望の品種です。

これまで「おいしさで選ぶ」なら、「あごおち大根」か「YR味づくり」を、お薦めしていましたが...

「あごおち大根」と「YR味づくり」は、秋まき専用の品種になります。

どうしても、この2品種と比べてしまうため...

春に「おいしいですよ!」と自信を持って言える品種が、なかなかありませんでした。

もともとダイコンの旬というのは、秋まき冬どりなので...

その時期にある多様な品種の中から、おいしい品種を選んでいる...

つまりは選ばれたエリートが「あごおち大根」や「YR味づくり」な訳ですが...

春にまくとなると、春まき可能な品種自体、極端に少なくなります。

秋まきの品種を、春にまくと、トウ立ちしてしまうのです。

ですので、種苗会社はクレームを恐れ...

春まきの品種というのは、おいしさや品質よりも、「トウ立ちしないこと」を重視して販売されます。

このような裏事情があり...

春まきでは「おいしさ」を重視されない傾向があるので、「春まきは味が落ちる」というのが、種苗業界の常識でした。

そんな中...

やっと開発されたのが、この「あごおち大根22」です。

「あごおち大根22」は、トウ立ちやス入りが極めて遅いので、春まきも可能。

そして何より...

春まきでは他にないような、とてもおいしい品種になります。

さらに...

この品種の長所は、根長は22cmと短いところです。(普通の品種が30〜35cmほど。)

冷蔵庫に収まりやすく、使い切りできるサイズというのは...

現代では、ニーズが高まってきており...

例えば、タキイ種苗の「三太郎」なども、そのようなニーズに答える品種として開発されました。

「三太郎」も、根長は短く、種まき時期が幅広く、作りやすい品種として有名ですが...

「おいしさ」まで考えて選ぶなら、この「あごおち大根22」を お薦めします。

●種まき時期
冷涼地:7月下旬〜8月下旬・4月中旬〜6月中旬
暖地 :9月上旬〜4月中旬(10月下旬〜3月中旬はトンネルやハウス栽培してください。)
※詳しくは画像をご覧ください。各地方により栽培適期は異なります。

●種まき方法
幅60cmの畝に、株間20〜30cmを目安として、1か所に種を3〜4粒ずつ点まきして、厚さ1〜2cmほどに覆土します。
間引きは本葉が6〜7枚ごろまでに行い、1本立ちにします。

販売価格 440円(内税)〜10,780円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
小袋:3mL(目安:130〜180粒)
8mL
1dL

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)