1. ホーム
  2.  > 種(葉菜類:その他)
  3.  > コールラビの種【ノリコ(薄緑)】〔有機種子・固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  葉菜類(葉を食べる)
  2.  > コールラビの種【ノリコ(薄緑)】〔有機種子・固定種〕 ※無消毒
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  葉菜類(葉を食べる)
  2.  > コールラビの種【ノリコ(薄緑)】〔有機種子・固定種〕 ※無消毒

コールラビの種【ノリコ(薄緑)】〔有機種子・固定種〕 ※無消毒

●煮込むと世界一おいしい野菜とも言われる。

ヨーロッパでは一般的ですが、日本では、まだそこまで知られていない「コールラビ」のご紹介です。

正直なところ...

日本では、あまり広がらずに終わるかなと思っていたのですが...

最近では、いろいろな種苗会社から新しい品種が販売されてきており...

徐々に浸透してきていると感じます。

「コールラビ」の名前の由来については、カブのようなキャベツのような野菜なのですが...

まさにドイツ語で「コール(キャベツ)」「ラビ(カブ)」という意味になります。

基本的には、皮を剥いて利用します。

クセがないので、薄くスライスしてサラダにしたり、漬物やピクルスにしたり、炒め物にしたり...

あとは特に「煮込むと世界一おいしい野菜」などとも言われるので、煮込み料理にすると良いです。

ただ...

最上位の誉め言葉として「煮込むと世界一おいしい野菜」と表現されますが...

とっても分かりやすく表現するなら...

「おいしいキャベツの芯」です!!

これを言ったとたん、特別感がなくなりますが...!(笑)

個人的にそこまでおいしいのか?と疑問があったので、なかなか商品紹介の記事を書くのに筆が進まなかったのですが...

最近では、取り扱いについてお問い合わせも増えてきましたし...

知り合いの生産者の方からは...

「自分も最初はそこまで...と思っていたんですが、スライスしてリンゴ酢につけるとおいしいですよ。」

とアドバイスを受けました。

結構、その方は飲食店に直接販売されていますし...

クセがないので、料理人の方の腕次第で、いろいろと可能性が広がる野菜なのかと感じています。

最後に、この「ノリコ(薄緑)」という品種について...

種まきから60〜80日で収穫できる固定種になります。

当店では、この「ノリコ(薄緑)」の他に、紫色の「アルス スター(紫)」も販売しておりますので、そちらもぜひご覧くださいませ。

●種まき時期
中間地:3月〜5月・9月〜10月
※各地方により栽培適期は異なります。

●種まき方法
幅40〜60cmの畝に、株間20〜30cmを目安として、1か所に種を2〜3粒ずつ点まきして、厚さ0.5〜1cmほどに覆土します。
間引きは本葉が5〜6枚ごろまでに行い、1本立ちにします。

●育てるコツ
・多湿を嫌うので、乾燥気味に育てます。
・球茎が8cm頃までに収穫して、10cm以上肥大させないようにします。
・茎が肥大してきたら、球茎下部から伸びる葉は切り落として、軽く土寄せします。

販売価格 345円(内税)〜3,520円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
小袋:0.4g(目安:40〜80粒)
10mL(目安:800〜1200粒)

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

楽天ペイ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)