1. ホーム
  2.  > 種(キャベツ)
  3.  > キャベツ【春波】

キャベツ【春波】

●種まき時期の幅が広い!(夏・秋まき)

生食に向いている品種です。

春キャベツ(秋まきの4月どり)で失敗しないためには、「品種選び」と「種まきの適期を守る」ことが重要です。

これを間違うと、トウ立ちしてしまいます。

「春波」は春キャベツの品種の中でも、秋の種まき時期の幅が広く、当店がある長崎県北部では、10月上旬〜11月中旬まで播けます。

種まき時期が狭いと、雨が続けば適期を逃してしまうのですが、「春波」は種まき時期の幅が広いため、安心です。

もちろん、夏まきの年内〜1月どりも出来ます。
冷涼地においては、春まきの初夏どりも出来ます!

さらに結球後の耐寒性が強く、裂球も遅いので、収穫時期の幅も広いです。

「種まき時期」「収穫時期」のどちらも幅があり、臨機応変に対応できるので、家庭菜園にも最適です。

作りやすく、玉肥大も良く、品質良好で市場評価が高い極早生種になります。

●種まき時期
冷涼地:1月下旬〜4月上旬
中間地:8月上旬〜8月中旬・9月下旬〜10月中旬・1月中旬〜2月下旬
暖地 :8月中旬〜8月下旬・10月上旬〜11月中旬・1月上旬〜2月上旬
(冬〜初春については温床育苗を行い、定植時はトンネルを利用してください)
※詳しくは画像をご覧ください。各地方により栽培適期は異なります。

●種まき方法
128穴セルトレイでの育苗の場合、1粒ずつ播き、厚さ0.5〜1cmほどに覆土します。
本葉3枚ほどになったら、幅60cmの畝に、株間35〜40cmを目安として定植します。

ポット育苗の場合、3〜4粒ずつ播き、厚さ0.5〜1cmほどに覆土します。
本葉5枚ほどになったら、幅60cmの畝に、株間35〜40cmを目安として定植します。

●育てるコツ
秋まきでは、トウ立ちを招かないために早まきを避けてください。
元肥を控えて、追肥主体とし、収穫期まで安定した肥効を保って、結球を促進します。
結球後の腐敗や裂球を防ぐために、窒素の遅効きを避けてください。

販売価格 459円(内税)〜15,552円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
 
小袋:0.7mL
1.4mL
2000粒
【コート種子】小袋:150粒
【コート種子】5000粒

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)