1. ホーム
  2.  > 種(キュウリ)
  3.  > キュウリ【神田四葉】〔固定種〕 ※無消毒(乾熱処理)
  1. ホーム  >  種【固定種で選ぶ】  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > キュウリ【神田四葉】〔固定種〕 ※無消毒(乾熱処理)
  1. ホーム  >  種【無消毒で選ぶ】※乾熱消毒は含む  >  果菜類(実を食べる)
  2.  > キュウリ【神田四葉】〔固定種〕 ※無消毒(乾熱処理)

キュウリ【神田四葉】〔固定種〕 ※無消毒(乾熱処理)

●野菜本来の味わい。昔ながらの「固定種」

全国原種コンクールで優勝した品種です。

固定種のキュウリで選ぶなら、この「神田四葉」が、お薦めです。

歯切れ良い食感と「やわらかさ」がある、おいしい品種です。

この「やわらかさ」が重要なので...
ちょっとだけ説明させてください。

昔の品種は、「ブルーム」という白い粉が表面について、乾燥や雨から守ってくれていました。

しかし、この「ブルーム」が、農薬のように見えて、消費者に選ばれにくく、売れ残ってしまうことも...。

そこで種苗会社は「ブルーム」ができない品種を開発して、それが主流になっています。

しかし...!

守るものがなくなったので、皮が厚くなり、硬くなってしまいました。

これが最近の品種の傾向です。

この品種は...
昔から愛されている「固定種」です。

イボイボが多いので、なんとなく硬い感じを受けますが...
昔ながらの「やわらかい」食感です。

長さは30〜40cmと大きめです。

やわらかいとは表現しましたが...
フニャっとしているのではなく、カリっとした食感というべきでしょうか。(言葉で伝えるのって難しい...。)

固定種ですが...
病気に強くて、育てやすいのも魅力です。

ただし...!

収穫量は、最近の品種には劣ります。

そして長所とも短所ともいえるのですが...

昔ながらの固定種は「青臭さ(野菜本来の味とも言える)」があります。

最近は...
食べやすい品種が多いので、それに慣れている方は「青臭さ」が強すぎるかもしれません。

お好みに合わせて、選ばれると良いと思います。

●種まき時期
中間地:3月中旬〜7月中旬(初春は温床育苗を行ってください。)
※家庭菜園の目安の時期として表記しています。詳しくは「種まき時期と生育適温の目安」をご覧ください。(各地方により栽培適期は異なります。)

●種まき方法
幅100cmの畝に、株間50cmを目安として、1か所に種を2〜3粒ずつ点まきして、厚さ0.5〜1cmほどに覆土します。
間引きは本葉が3〜4枚ごろまでに行い、1本立ちにします。

9cmポット育苗の場合、2〜3粒ずつ播き、厚さ0.5〜1cmほどに覆土します。
本葉3〜4枚ほどになったら、幅100cmの畝に、株間50cmを目安として定植します。

●育てるコツ
親づるが1.8mほどになったら摘心してください。
長さ30〜40cmほどで収穫してください。収穫が遅れると株に負担がかかります。
5〜6本収穫ごとに追肥を行ってください。

販売価格 270円(内税)〜1,706円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓
 
小袋:35粒
20mL

Recommend Item

自分で育てたので、自信を持って紹介できる品種です!

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
種の専門店 松尾農園 オンラインショップ
種苗管理士(シードアドバイザー):松尾 秀平
松浦市(長崎県北部)の自然に囲まれた町で、店舗を営んでいます。 お気軽にお問い合わせください♪(0956-72-0267)